• マティスとルオー展
  • マティスとルオー展
  • マティスとルオー展
  • マティスとルオー展
  • マティスとルオー展

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

デトロイト美術館展

デトロイト美術館展

10月7日(金) ~ 1月21日(土)

1885年に創立して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を通じて、世界屈指のコレクションを誇る美術館として成長したデトロイト美術館。ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入したのもデトロイト美術館でした。
今なお美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの全52点をご紹介します。

上野の森美術館(上野公園)

詳しくはこちら

マリメッコ展

マリメッコ展
デザイン、ファブリック


12月17日(土)~ 2月12日(日)

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。
本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など、計200点以上を通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。

Bunkamuraザ・ミュージアム
(渋谷・東急本店横)

詳しくはこちら

クインテットIII

クインテットIII
~五つ星の作家たち~

1月4日(土)~ 2月19日(日)

本展テーマは「自然」です。5人の作家たちは、憧憬の念と共に「自然」を見つめ、取り囲む環境を手掛かりに制作しています。それらは写実的というよりも、日常接する「自然」に自らの記憶や思考を重ね、個性豊かに形象化された作品です。 見る者の心に響く感動をもたらす、出品作家たちに共通する感性の輝きがあります。

損保ジャパン日本興亜美術館(西新宿)

詳しくはこちら

冬の所蔵品展

冬の所蔵品展
ー私のくらしを彩る絵ー

12月10日(土)~ 1月29日(日)

冬の所蔵品展では、画家が日々のくらしの中の出来事から描き起こした作品を紹介します。 それは、画家の住むすぐそばの景色や心象の風景であり、身近な人物あるいは家の中のものをじっと見つめて描いたものなどです。 1920~30年代の戦前の作品では、都市の生活が多数描かれました。思いもよらない世界の広がりを画面に定着させた作品をご鑑賞ください。

画像:松本節《室内》1930年

平塚市美術館

詳しくはこちら

日本におけるキュビスム

日本におけるキュビスム
-ピカソ・インパクト-

11月23日(水・祝) ~ 1月29日(日)

モチーフを幾何学的に解体、再構成するキュビスムは、20世紀初頭、ピカソらによって生み出されました。戦後、ピカソの《ゲルニカ》などに影響を受けた美術家は、様々な作品に再びキュビスムの表現を応用します。大正から戦後間もない時期にかけての日本におけるキュビスムの展開を探ります。

埼玉県立近代美術館 (北浦和駅西口)

詳しくはこちら

マティスとルオー展

マティスとルオー展
― 手紙が明かす二人の秘密 ―

1月14日(土)~ 3月26日(日)

本展は、油彩画を中心に、手紙、デッサン、版画、彫刻、絵付け陶磁器、タピスリーや、当時最高の技術と気概を持つ出版人との協働で生み出された美麗な挿絵本などを通じて、手紙に秘められた二人の友情を解き明かす試みです。

パナソニック 汐留ミュージアム

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

トーマス・ルフ展

トーマス・ルフ展

12月10日(土)~ 3月12日(日)

トーマス・ルフは「ベッヒャー派」
として、1990年代以降、現代の
写真表現をリードしてきた存在
です。
本展はその世界が注目する写真家
の、初期から初公開の最新作まで
を紹介する展覧会です。ルフは
初期に発表した高さ約2メートル
にもなる巨大なポートレート作品
で注目されました。それ以降、
現代人をとりまく世界のあり方に
ついてのユニークなヴィジョンを
提示してきました。

金沢21世紀美術館(金沢市)

詳しくはこちら


クラーナハ展

クラーナハ展
―500年後の誘惑ー

10月15日(土)~ 1月15日(日)

本展では、クラーナハの芸術の全貌
を、当時のドイツの思想や文化、
社会や政治の状況などと併せて読み
解き、さらには彼の死後、近現代に
おけるその影響にも迫ります。
オーストリア、ドイツ、オランダ、
ハンガリー、イタリア、スペイン、
イギリス、アメリカ、台湾、日本
など、世界中から集められた絵画や
素描、版画など約100点で構成され
る、史上最大規模のクラーナハ展と
なります。

国立西洋美術館(上野公園)

詳しくはこちら

石川直樹 展

石川直樹 展
この星の光の地図を写す

12月17日(土)~ 2月26日(日)

本展は、世界をフィールドに活躍
する写真家、石川直樹による初の
大規模個展です。
石川は、北極点から南極点までを
人力で踏破、七大陸最高峰の登頂
に成功し、その後も各地を旅し
ながら、人類学・民俗学の観点を
取り入れた独自のスタイルで撮る
写真によって、日常、そして世界を
見つめ直す活動が注目されています。

水戸芸術館現代美術ギャラリー

詳しくはこちら

アートレポート(とっても気になる展覧会)

「クラーナハ展」
 ルカス・クラーナハ(父)
 1537年「正義の寓意
 (ユスティティア)」

レポーター:勅使河原 純

2016/12/29 update

○「クラーナハ展」 ★★★★★  
  (国立西洋美術館 ~2017年1月15日)

えっ! と驚くことだが、今回の催しはわが国で初めての「ルカス・
クラーナハ展」だという。1472年、ドイツのクローナハに生まれた
一人の画家により、以後のアートワールドがどれほど散々に惑わさ
れてきたことか。まさにクラーナハ(父・1472-1553)のヴィッテン
ベルク工房が仕掛けた戦略通りといえよう。
それにしてもだ。彼の描く女性たち(ユディト、ユスティティア、
サロメ、ルクレティア、ヴィーナスなどしばしば神々しいまでに
潔癖で、ひどく怖い存在でもあるのだが)の蠱惑的な魅力は、一体
どこからやってくるのだろう。愚問であることを百も承知しながら
再び問わずにはいられない、五百年もつづく凡夫の悩みをお察し
いただきたい。

詳しくはこちらから

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2015/11/5

■展覧会記念「Tシャツ作成」

 展覧会開催記念に「作品プリントTシャツ」を作成。
 来場者に販売しませんか。
 会場にサンプルを展示、来場者は希望の「Tシャツ」を
 <Artshow.jp>にfaxして購入します。
   詳しくはこちらから

記念「Tシャツ作成」個展の集客を支援します!

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・画廊・その他会場様へのご案内 百貨店美術部門様へのご案内 Artists様へのご案内


ArtShowウェブサイトへ