• フランスの風景 樹をめぐる物語
  • フランスの風景 樹をめぐる物語
  • フランスの風景 樹をめぐる物語
  • フランスの風景 樹をめぐる物語
  • フランスの風景 樹をめぐる物語

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

フランスの風景

フランスの風景 樹をめぐる物語

4月16日(土) ~ 6月26日(日)

「樹木」というモティーフを通して、1850年から1920年まで、印象派とその前後の時代のフランス風景画の変遷をたどる展覧会です。
フランスを中心に国内外の美術館、ならびに個人所蔵作品から、油彩を中心に、素描や版画など、自然や樹木に対する画家たちの想いが込められた作品約110点を展示します。

画像:レオ・ゴーソン《樹木の向こうの村》
1890年 46×55cm

損保ジャパン日本興亜美術館(西新宿)

詳しくはこちら

華麗なるガラス工芸の世界

華麗なるガラス工芸の世界
―ヴェネツィアから現代まで


4月23日(土)~ 6月19日(日)

開館25周年記念 北海道立近代美術館所蔵名品展

17世紀ヴェネツィアで制作されたガラス作品から19世紀フランスでのアール・ヌーヴォーを経て、現代のガラス作家による表現まで、近世近代ヨーロッパの作品を中心に、日本人作家の作品も含め、約120点の名品をご紹介します。

平塚市美術館

詳しくはこちら

ジュリア・マーガレット・キャメロン展

ジュリア・マーガレット・キャメロン展

7月2日(土)~ 9月19日(月・祝)

From Life―写真に生命を吹き込んだ女性
1863年末に初めてカメラを手にしてジュリア・マーガレット・キャメロンは、記録媒体にすぎなかった写真を、芸術の次元まで引き上げようと試みた、写真史上重要な人物です。
本展は、キャメロンの生誕200年を記念し、ヴィクトリア・アンド・アルバート博 物館が企画した世界6カ国を回る国際巡回展であり、日本発の回顧展です。

三菱一号館美術館(丸の内2)

詳しくはこちら

ミケランジェロ展

ミケランジェロ展
ルネサンス建築の至宝

6月25日(土)~ 8月28日(日)

本展は、ミケランジェロの子孫が受け継いだ邸宅と関係資料を公開するフィレンツェのカーサ・ブオナローティが所蔵する作品を中心に、ミケランジェロ本人による真筆の素描および書簡35点を含めた作品およそ70点を展観いたします。

画像:サン・ピエトロ大聖堂ドーム
   ヴァチカン市国

パナソニック汐留ミュージアム

詳しくはこちら

朝鮮工芸の美

朝鮮工芸の美

4月2日(土) ~ 6月12日(日)

創設80周年を記念する最初の特別展として、当館の所蔵する朝鮮時代の諸工芸品の中から優品約300点を選び、一堂に展覧に供します。 創設者の柳宗悦 は、朝鮮時代の器物にこそもっとも豊かな民族性が表れていることを発見しました。
人々の暮らしを彩った陶磁器、木工品、石工品、金工品、そして絵画など、それらに宿る民族固有の造形美をご堪能ください。

日本民藝館 (駒場公園)

詳しくはこちら

俺たちの国芳 わたしの国貞

ボストン美術館所蔵
俺たちの国芳 わたしの国貞

3月19日(土)~ 6月5日(日)

本展は、ボストン美術館の優れた日本美術のコレクションにあって、圧倒的な点数を誇る浮世絵作品の中から、幕末の人気絵師、歌川国芳(1797~1861)と、歌川国貞(1786~1864)の作品を通じて、江戸の粋と当時の人々の暮らしを味わっていただくものです。

Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

和田英作展

日本近代洋画の巨匠
和田英作展

6月11日(土)~ 8月7日(日)

卓越した写実力による人物画や、
郷愁を誘う田園風景で、日本の
近代洋画史に大きな足跡を残した
和田英作の回顧展を開催します。
本展は、油彩画の代表作に加え、
富士や田園風景の写生や下絵など
約90点を展観し、終業期から
最晩年までの70年に及ぶ画業を
紹介します。

佐野美術館(三島市)

詳しくはこちら


カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展

3月1日(火)~ 6月12日(日)

本展は、イタリアの代表的な美術館
が所蔵するカラヴァッジョの名品と
その影響を受けたカラヴァジズムの
作品約50点、その他関連伝記資料
などにより構成し、カラヴァッジョ
の劇的な人生と作品、そして彼の
芸術が美術史に与えた影響を紹介
します。
画像:カラヴァッジョ 《女占い師》
   1597年頃、油彩/カンヴァス、
   ローマ、カピトリーノ絵画館

国立西洋美術館 (上野公園)

詳しくはこちら

「横井弘三」の世界展

日本のルソー
「横井弘三」の世界展

4月17日(日)~ 6月5日(日)

多くの作品が愛好家による個人所蔵
であるため、まとまってみる機会が
少ない横井作品。
本展では、没後50年を機に、200点
以上の作品を一堂に会し、いまだ
明らかでない横井の画業の全貌に
迫ります。

画像:横井弘三《自画像》
    制作年不詳 個人蔵

練馬区立美術館

詳しくはこちら

アートレポート(とっても気になる展覧会)

「MIYAKE ISSEY展」

レポーター:勅使河原 純

2016/4/8 update

○「MIYAKE ISSEY展」 ★★★★★  
  (国立新美術館 ~2016年6月13日)

三宅一生の衣服は、ボディをカンヴァスにして描かれたアートなのか。
それが最初からの素朴な疑問であった。
彼はいう。「基礎となる問いがある――三次元である身体を二次元の
布でいかにして包むか。衣服は着ることではじめてかたちをなす」。
3Dプリンターさえある現代では、ちょっと物足りない気もしないでは
ないが、まずは真っ当なご指摘だろう。

詳しくはこちらから

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2015/11/5

■展覧会記念「Tシャツ作成」

 展覧会開催記念に「作品プリントTシャツ」を作成。
 来場者に販売しませんか。
 会場にサンプルを展示、来場者は希望の「Tシャツ」を
 <Artshow.jp>にfaxして購入します。
   詳しくはこちらから

記念「Tシャツ作成」個展の集客を支援します!

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・画廊・その他会場様へのご案内 百貨店美術部門様へのご案内 Artists様へのご案内


ArtShowウェブサイトへ