• 草間彌生 展
  • 草間彌生 展
  • 草間彌生 展
  • 草間彌生 展
  • 草間彌生 展

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

ランス美術館展

ランス美術館展
ーフランス絵画の宝庫ー

4月22日(土) ~ 6月25日(日)

本展覧会はランス美術館の所蔵作品から、17世紀のバロックに始まり、18世紀のロココ、19世紀のロマン派、新古典派、印象派、ポスト印象派まで約70点で構成する、フランス絵画の歴史をたどる展覧会です。また、ランス市に縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品群も併せてご紹介いたします。

損保ジャパン日本興亜美術館

詳しくはこちら

大エルミタージュ美術館展

大エルミタージュ美術館展
ー西洋絵画の巨匠たちー


3月18日(土)~ 6月18日(日)

本展覧会では同館の1万7千点に及ぶ絵画コレクションの中でも特に充実している、16世紀ルネサンスから 17-18世紀のバロック・ロココのオールドマスター、巨匠たちの名画85点を国、地域別に紹介します。 これらのなかには、エカテリーナ2世が1764年に取得した作品をはじめ、在位中に収集された作品が数多く含まれています。
美術館の歴史そのものともいえる、絵画コレクションの背景を知ることも展覧会の楽しみのーつとなるでしょう。

森アーツセンターギャラリー

詳しくはこちら

ミュシャ展

ミュシャ展
~開館10周年・チェコ文化年事業~

3月8日(水)~ 6月5日(月)

国立新美術館では、パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約100点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介します。
本展はこの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開するものです。

画像:《スラヴ叙事詩》「原故郷のスラヴ民族」(部分)

国立新美術館(六本木)

詳しくはこちら

没後150年 坂本龍馬

没後150年 坂本龍馬

4月29日(土・祝)~ 6月18日(日)

龍馬が亡くなってからおよそ150年。これを機会に改めて龍馬の 人間的な魅力を伝える展覧会を開催します。
本展では、龍馬の自由奔放な生き様や家族への愛情をあらわした 直筆の手紙を中心に、その魅力をわかりやすく紹介します。 また、龍馬が暗殺された際に携えていた愛刀「吉行」などの遺品や 関連資料を合わせて展示し、龍馬が活躍した幕末という時代に迫ります。

江戸東京博物館(墨田区横網)

詳しくはこちら

花と蝶

花と蝶
-いのちの歓び-

2月25日(土) ~ 5月15日(日)

本展覧会では、命芽吹く春を連想させる花や、魂の象徴とされる蝶をモチーフにした漆芸作品をご紹介いたします。
蝶は古来から漆芸品のモチーフとして用いられてきました。 同じ蝶でも、さまざまな技法や材料を使用することで、表現が大きく異なってきます。ひらひらと舞い飛ぶ 華麗な姿に霊的存在を見出し、蝶の図案には特別な祈りを込めて描いたのかもしれません。

石川県輪島漆芸美術館

詳しくはこちら

特別展「茶の湯」

特別展「茶の湯」

4月11日(火)~ 6月4日(日)

本展覧会は、おもに室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観するものです。
「茶の湯」をテーマにこれほどの名品が一堂に会する展覧会は、昭和55年(1980)に東京国立博物館で開催された「茶の美術」展以来、実に37年ぶりとなります。

画像;国宝 曜変天目 稲葉天目 
   中国・建窯 南宋時代 
   静嘉堂文庫美術館蔵

東京国立博物館 平成館(上野)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

シャセリオー展

シャセリオー展

2月28日(火) ~ 5月28日(日)

本展では、ルーヴル美術館所蔵品を
中心に、絵画、水彩・素描、版画、
写真や資料などによってシャセリ
オーの画業全体を紹介するとともに、
師や仲間、そしてこの画家から決定
的な影響を受けたギュスターヴ・
モローやピュヴィス・ド・シャヴァ
ンヌ、オディロン・ルドンらの作品
もあわせて総数約110点を展示し、
ロマン主義から象徴主義への展開、
そしてオリエンタリスムの系譜の
なかでその芸術の意義を再考します。

国立西洋美術館(上野公園)

詳しくはこちら


川原慶賀の植物図譜

川原慶賀の植物図譜

4月8日(土)~ 5月21日(日)

江戸時代後期、長崎の出島への出入りを
許された絵師、川原慶賀はシーボルトの
要求に応えて西洋画法を習得し、姿かた
ちを正確にうつした植物画を数多く制作
しました。
シーボルトがヨーロッパに持ち帰り、
現在ロシア科学アカデミー図書館が所蔵
する植物図譜を中心にしながら、国内
所蔵の作品や資料も加え、慶賀の眼を
たどります。

埼玉県立近代美術館(さいたま市浦和区)

詳しくはこちら

黒蕨 壮 彫刻展

黒蕨 壮 彫刻展

4月8日(土)~ 6月11日(日)

本展では、彫刻家・黒蕨壮を取り
上げます。
2015年、日本を代表する彫刻賞の
平櫛田中賞を、愛知県在住作家と
して初めて受賞。その功績等を認め
られ、2016年には愛知県芸術文化
選奨を受賞しています。
社会的なメッセージを含んだ初期の
代表作からウィットに富んだ最新作
まで、円熟味を増す黒蕨壮の創作
世界をお楽しみください。

清須市はるひ美術館(愛知県清須市)

詳しくはこちら

アートレポート(とっても気になる展覧会)

草間彌生
     《自己消滅》

レポーター:勅使河原 純

2017/4/13 update

○草間彌生 わが永遠の魂 ★★★★★
  (国立新美術館 ~ 2017年5月22日)

『草間弥生 わが永遠の魂』展に足を運び、改めてそこに伝説の
前衛芸術家・草間弥生の真実をみた思いがする。圧倒されたのは、
「圧倒されるはず」の大仕掛けな部屋ではない。穏やかで平和な
キャッチフレーズにみえた水玉が、最初期の女性像(1939年)の
顔全体をまるで痘痕のように被い尽くしていたからである。
偶然これをみて驚いた精神科医の西丸四方は、以来彼女の作品を
購入し、助言するようになったという。

詳しくはこちらから

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2015/11/5

■展覧会記念「Tシャツ作成」

 展覧会開催記念に「作品プリントTシャツ」を作成。
 来場者に販売しませんか。
 会場にサンプルを展示、来場者は希望の「Tシャツ」を
 <Artshow.jp>にfaxして購入します。
   詳しくはこちらから

記念「Tシャツ作成」個展の集客を支援します!

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・画廊・その他会場様へのご案内 百貨店美術部門様へのご案内 Artists様へのご案内


ArtShowウェブサイトへ