注目作家の個展 artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス! 展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →  招待券

注目作家の個展紹介

更新日:2019年1月27日

 清川泰次 昭和の学生旅行 福岡陽子写真展 土田泰子 導
《西日の片瀬江ノ島よりの江ノ島》
1938(昭和13)年
《けじめ~女人ルーティーン~》
2016年_櫛
   清川泰次 
 昭和の学生旅行
   福岡陽子写真展
   『Biblioscenery』
   土田泰子 導
where's a will,there's a way
清川泰次(1919-2000)は、慶應義塾大学を卒業後、本格的に画家として活動を始めましたが、その一方で、 学生時代は写真部に所属するなど、写真にも強い関心を持っていました。
本展では、清川が学生時代に旅先の鎌倉や日光、奈良などで撮影した写真を紹介いたします。
昭和10年代の人々や風景が美しく切り取られた様子をご覧ください。
タイトルの『Biblioscenery』は、作家による造語で、古書の景色とでも言いましようか、 何百年も前に出版された重厚な存在を自然な姿で造形的に 撮影した貴重な作品です。
現代においては非日常な存在である古書が、かつて今とは 違う世界があったことを私たちに語りかけてくる 写真家 福岡陽子の作品をお楽しみください。 約30点を展示します。
美しい造形を示す土田作品は、無数の安全ピンやマドラー、温度計などの日用品から作り上げられています。
その素材やサイズ、パーツの個数にいたるまですべてに意味があり作家の深い洞察に基づいています。

会場

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー( 成城学園)

会場

Art Gallery M84(銀座四丁目)

会場

平塚市美術館

期間

9月3(土)~ 3月17日(日)

期間

3月4日(月)~ 3月9日(土)

期間

12月8日(土)~ 4月7日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
松浦武四郎展 中村一美展  永井等展
破庵43(無垢路岐山)
2018年|アクリル、綿布|227.4×162cm
「刻々」91 x40cm
アクリル、岩絵具
  竹内浩一の世界
   ―その美と心―
    絵と、vol.5
    中村一美
   永井等展
  四季採集一静刻一
京都画壇を代表する日本画家・竹内浩一氏の個展を開催する。
本展では全5作の連作からなる「鳥獣戯画」シリーズを中心に、繊細な筆致により描かれた動物たちや、 土の匂いの残る素朴な植物の絵画など、「竹内浩一の世界」を存分に楽しんで頂ける展覧会。
好評の桜百景展も同時開催。
待ち遠しい春の桜花を一歩先に堪能できる。
今回のシリーズ企画「絵と、 」は、東日本大震災後の状況を踏まえ、 「絵画が現実に関わるよりよい方法」を問う、というテーマを掲げている。
中村一美展は90年代に始まった二つのシリーズ〈連差-破房〉と〈破庵〉から、 90年代の作品と2018-19年の新作が展示されている。
「破房」も「破庵」も中村の造語で、どちらも破れた、つまり壊れた部屋や小屋、 建物を意味している。
茨城県生まれ
東海大学教養学部芸術学科率業

0号の絵展(障害者芸術の家) /'01 審査員特別賞
全国童画展(越後湯沢) /'02 佳作賞 上野の森・日本の自然を描く展/'02、'04佳作賞、'11 優秀賞
上野の森美術館大賞展/'09、'10、'12 他- 個展24回

会場

郷さくら美術館(目黒区上目黒)

会場

gallery αM (東神田1)

会場

ギャラリー・オカベ(中央区銀座4)

期間

12月8日(土) ~ 2月24日(日)

期間

1月26日(土) ~ 3月23日(土)

期間

2月4日(月) ~ 2月16日(土)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら