注目作家の個展 artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス! 展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →  招待券

注目作家の個展紹介

更新日:2017年5月24日

植田正治の「かたち」 「花は見えても」 吉田博展
  植田正治の「かたち」
 ー写真における造形表現
   「花は見えても」
 開館20周年記念企画第3弾
  生誕140年 吉田博展
植田正治の作品の中に1950年代に撮影された「かたち」と呼ばれる作品群があります。
主に民具や民家の一部などを被写体とし、その本来の用途とは別に、ユニークなかたちに着目したイメージの数々です。
今回の展覧会では、これまであまり注目されることのなかったシリーズ〈かたち〉と呼ばれる作品群、および同時期に撮影された風景を中心に、初期から晩年までの植田の造形的なまなざしに注目し、紹介します。
「自分の言葉・自分の書」を追求したその作品には、三つの根があります。
一つ目は、詩人としての根です。
二つ目は、書家としての根です。
三つ目は、徹底して自分にこだわった人間としての根です。
見慣れた書の後ろには、これらの根が隠されています。
本展では、詩人として書家として、そして人間としての相田みつをの、ふだんは見えない根の部分を紹介します。
明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)の生誕140年を記念する回顧展です。
自然美をうたい多彩な風景を描いた吉田博は、毎年のように日本アルプスの山々に登るなど、とりわけ高山を愛し題材とする山岳画家としても知られています。
本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品群を一堂に展示、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

会場

植田正治写真美術館(鳥取県伯耆町)

会場

相田みつを美術館(東京国際フォーラム)

会場

損保ジャパン日本興亜美術館

期間

3月1日(水)~ 6月4日(日)

期間

3月14日(火)~ 6月11日(日)

期間

7月8日(土)~ 8月27日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
AMBIENT 深澤直人 「いいから いいから」
《Papilio bed》
B&B Italia 2013年
AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展
今回、無印良品、au(KDDI)、B&B ITALIA、パナソニックなどのブランドの製品としてデザインされ、グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品されます。
展示室を居住空間に見立て、イスや家電、住宅設備など生活のためのデザイン作品を取り合わせることで、深澤の思考を立体化します。
『いいから いいから』シリーズなどの人気絵本の作者、長谷川義史さん。
近年はMBS「ちちんぷいぷい」の「とびだせ!えほん」コーナーに出演するなど、幅広く活躍されています。
本展では、絵本原画をはじめ、創作の過程を垣間見られる下絵や道具類、思い出の品々を展示。笑いと感動にあふれる長谷川ワールドの秘密に迫ります。

会場

パナソニック 汐留ミュージアム

会場

明石市立文化博物館(兵庫県明石市)

期間

7月8日(土)~ 10月1日(日)

期間

4月8日(土) ~ 5月21日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら